人気エリアの旅コラム

コラム

水煙が物語る迫力 カナダ・ナイアガラの滝

北米:カナダ

コラム画像

 54メートルの落差をはてしなく落下していく水流。水煙に隠れる滝つぼは、どのようになっているのでしょうか。

 湾曲した幅約670メートルのカナダ側の滝に遊覧船で近づくと、容赦なく吹き付けてくる水しぶきとからだに感じる響き。これだけ大量の水が一気に落下しつづけると、大きな圧力の影響か、周辺の空気が変化するように感じます。滝をすぐ脇から臨むことができる展望スポットにも、滝の精気が微細な水しぶきとなって漂っているようです。

コラム画像

 日沈後もさまざまな色にライトアップされる水煙は、神々しいまでの輝き。

 約1万2000年前の氷河期の終わりに生まれた滝は、岩盤を削り、現在までおよそ11キロも上流に進んできました。現在でも年に数センチ進みつづけているその姿は、生命力を秘めているかのようです。

コラム画像

 ナイアガラの滝の水を集めて北上するナイアガラ河は、10数キロ先でオンタリオ湖に注ぎ込みます。

 古くから交通の要衝だった河口のあたりには、古いイギリスの美しい街並みが残るナイアガラ・オン・ザ・レイクの街があります。この小さな街の周辺は、カナダワインの最大の生産地域。ナイアガラの恵みともいえる、水はけの良い土壌にブドウ畑が広がり、豊かな田園風景が広がっています。

関連タグ
カナダ

北米TOPへ

各種お問合せはこちら

閉じる

  • 東京本社:(海外旅行窓口) 03-3276-0111
  • / (国内旅行窓口) 03-3274-5272
  • 大阪支店 06-6344-1111
  • 名古屋支店 052-561-7001
  • 仙台支店 022-221-8353