[特別企画]青花の会共催

建築家・中村好文さんとめぐるイタリア美術・建築の旅 フィレンツェ+ヴェネツィア篇

世界遺産 芸術鑑賞
  • ツアー画像 ヴェネツィア
コース番号
AXJ00340
  • 憧の旅
往復 宅配付 ガイドシステム
出発日
2024年6月3日 (月) 羽田空港発着

旅行日数 8日間
行き先 イタリア
旅行代金 895,000 〜 1,043,000円

お1人さま旅行代金

航空機座席クラス2名さま1室1名さま1室
エコノミークラス895,000円1,043,000円
※燃油サーチャージは旅行代金に含まれておりません。(2023年12月1日現在 目安:87,000円)昨今の原油価格の高騰などにより、価格は大きく変動する場合があります。

※上記旅行代金には国内および海外での空港税・出国税(日本の国際観光旅客税を含む)、宿泊税、海外旅行保険料などが含まれております。

補足情報
●パスポート残存期間:出国時90日以上
●添乗員:同行いたします
●最少催行人員:12名
●利用予定航空会社:ITAエアウェイズ
●利用予定ホテルリストを見る
Tour points
ツアーポイント

「意中の建築」や「人々の暮らしぶり」を訪ね世界各地を旅する建築家・中村好文さん。毎年、約1カ月をヴェネツィアで過ごします。ツアーでは美術館や教会をはじめ、イタリアの美しき観光地をめぐりながらも、中村さん行きつけレストランやお気に入りスポットなど、暮らすように旅する場面も。旅人目線で、建築家目線で、生活者目線で…… いつもと少し目線を変えるだけでぐっと面白い魅力的なイタリアの旅を新潮社「青花の会」とともに企画しました。

~「青花の会」とは~
骨董、工芸、建築を中心に『工芸青花』などの書籍を発行。講座や展覧会、茶話会等の催事のほか、専門家とめぐる特色あるツアーも企画しています。
工芸青花のページもあわせてご覧ください。
https://www.kogei-seika.jp/news/tour2024nk.html

  • 魅力1

    建築家の中村さんとめぐります。
    【プロフィール】
    建築家。1948年千葉県生れ。武蔵野美術大学建築学科卒業。宍道建築設計事務所勤務後、都立品川職業訓練校木工科で家具製作を学ぶ。その後吉村順三設計事務所に勤務し、1981年、自身の設計事務所レミングハウス設立。87年「三谷さんの家」で吉岡賞、93年「一連の住宅作品」で吉田五十八賞特別賞を受賞。主な作品に「上総の家ⅠⅡ」「museum as it is」「Rei Hut」「伊丹十三記念館」など。著書に『住宅巡礼』『住宅読本』『意中の建築』(いずれも新潮社)、『普段着の住宅術』(王国社)、『中村好文ー普通の住宅、普通の別荘』(TOTO出版)など。

    イメージ画像 中村好文(なかむら・よしふみ)さん
  • 魅力2

    街全体が“屋根のない美術館”と称される花の都「フィレンツェ」。ブルネレスキが見上げたクーポラが、レオナルドが渡った橋が、ミケランジェロが働いた工房がそのまま残っている街。日本の建築家とイタリアの巨匠が、時空をこえて対話するような建築散歩をお楽しみください。

    イメージ画像 フィレンツェ
  • 魅力3

    ~中村好文流 花の都の楽しみ方~
    内緒の寛ぎスポット【サンタ・マリア・ノヴェッラ教会付属「緑の回廊」】
    『行くたびにこんな素晴らしい場所が、どうしてこんなにひっそりしているのだろうと思わないわけにはいきません。(中略)緑色で縁取られたアーチに囲まれた中庭を眺めて過ごすのもよし、回廊壁面のフレスコ画面を丹念に見て歩くのもよし、回廊に面した「スペイン人の礼拝堂」の内部に総刺青のようにぐるりと描かれた絵画を鑑賞するのもよし……ひっそりと静かな時間を過ごせること請け合いのとっておきのスポットです。』
    『イタリアの歓び 美の巡礼 北部篇』(中村好文 芸術新潮編集部編/新潮社/2003年)より引用

    イメージ画像 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
    (フィレンツェ)
  • 魅力4

    ヴェネツィアには、約3,000もの小路が縦横無尽に入り組んでおり、水路を渡るための橋もたくさんあります。観光名所だけでなく、生活感漂う洗濯物通りや活気あふれる魚市場もヴェネツィアの魅力です。

    イメージ画像 水に浮かぶ迷宮都市ヴェネツィア
  • 魅力5

    『ロミオとジュリエット』の舞台ヴェローナにはどこかロマンティックな雰囲気が漂います。ここには中村さんが心躍らせ足を運ぶカステル・ヴェッキオ博物館があります。ヴェネツィア出身の建築家カルロ・スカルパが、モダンなデザイン性、機能性、遊びも混ぜながら古城を博物館として蘇らせました。

    イメージ画像 カステル・ヴェッキオ博物館(ヴェローナ)
  • 魅力6

    パドヴァにある、小さくてシンプルなスクロヴェーニ礼拝堂。その外観とは裏腹に、内部を埋め尽くすジョットが描いたフレスコ画は圧巻の美しさです。ストーリーとともに怒りや悲しみをあらわにした人々の表情にもご注目ください。

    イメージ画像 スクロヴェーニ礼拝堂(パドヴァ)
Schedule
日程表
  • Day 1

    荷物の配送サービスをご利用いただき、身軽に羽田空港へ。
    羽田空港(12:40発) 航空機にてローマ乗り継ぎフィレンツェへ。
    到着後、ホテルへ。(24:00頃着)
    [フィレンツェ泊〈3連泊〉]

  • Day 2

    午前:フィレンツェ観光。◎ドゥオモ、★ウフィツィ美術館、◎シニョリーア広場へ。
    午後:自由行動。
    [フィレンツェ泊]

  • Day 3

    ※ここから中村さんが同行します。
    午前:◎中央市場、★サンマルコ修道院、◎捨て子養育院へ。
    午後:★サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(キオストロ・ヴェルディ/緑の回廊)、◎サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局
    [フィレンツェ泊]

  • Day 4

    午前:バスにてヴェローナへ(約230km/3時間半)。
    午後:ヴェローナ観光。★カステル・ヴェッキオ博物館、★サン・ゼノ教会。
    バスにてパドヴァへ(約90km/1時間半)。★スクロヴェーニ礼拝堂
    [パドヴァ泊]

  • Day 5

    午前:バスと船でヴェネツィアへ(約40㎞/1時間)。
    着後、ヴェネツィア観光。◎洗濯物通り、◎リアルト・メルカート(魚市場)、◎サンマルコ寺院、★ドゥカーレ宮殿、★アカデミア美術館。
    [ヴェネツィア泊〈2連泊〉]

  • Day 6

    自由行動:ご希望の方は、公共交通機関ヴァポレット(水上バス)にてトルチェッロ島やムラーノ島の島めぐりにご案内します(実費)。
    [ヴェネツィア泊]

  • Day 7

    ヴェネツィア(11:15発) 航空機にてローマ乗り継ぎ帰国の途へ。
    [機中泊]

  • Day 8

    羽田空港(10:40着)解散。
    荷物の配送サービスをご利用いただき、身軽にご自宅へ。

※中村さんは日程3~6日目に同行します。
※上記フライトスケジュールはITAエアウェイズ利用予定の2023年12月1日現在のものであり、変更が生じる場合があります。
※現地事情により、観光の順番を入れ替えてご案内する場合があります。

当ツアーは「海外旅行保険」が付帯されています。※保険料は旅行代金に含まれます。詳しくは「旅行保険の詳細」をご覧ください。

観光・移動のスタイル

★⼊場観光 ◎下⾞観光 ○⾞窓観光

⾷事マークのご案内

= 朝食 = 昼食 = ⼣食 = ⾷事なし 
= 軽⾷ = 弁当 =ブランチ = 機内食
= オプショナルプラン

※ツアー催行の可否は外務省発出の危険情報、感染症危険情報ならびに世界情勢を総合的に鑑みて判断します。
※昨今の状況から、急遽予定の観光箇所の入場が入場制限などで困難となる場合がございます。その際は代替の観光箇所へご案内いたします。
※掲載する画像は、すべてイメージをより深めていただくためのもので、実際のツアーで訪問する場所、日照角度および天候を保証するものではありません。


●時間帯の目安
ホームページまたはパンフレットの日程表の時間帯の記載は、以下を目安としております。
早朝:4時~6時/朝:6時~8時/午前:8時~12時/昼:12時~13時
午後:13時~16時/夕刻:16時~18時/夜:18時~23時/深夜:23時~4時

旅行企画・実施:株式会社 三越伊勢丹ニッコウトラベル
観光庁長官登録旅行業第1987号/日本旅行業協会正会員
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-2-4 三越SDビル8階
総合旅行業務取扱管理者 稲垣 太郎
お電話・お問合せ
営業時間 9:30~17:30(月~金)
海外旅行窓口:03-3276-0111
総合旅行業務取扱管理者とはお客さまの旅行を取り扱う営業所での取引に関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があればご遠慮なく取扱管理者にお尋ねください。
※販売中のツアーにつき、お申込み・お問合せの時点で満席あるいは催行中止の場合もございます。

“物語の主人公”になる
ときめきの旅

「殊」「和」のツアーとはひと味ちがう、
はじめての感動体験へと誘います。
これまでツアーでご紹介することのなかった
観光や美食など、
トレンドをいち早く取り入れ、
時代の一歩先をゆく皆さまへ、
新しい旅をご提案します。