人気エリアの旅コラム

コラム

世界遺産 総本山仁和寺で過ごす特別な一夜

近畿:京都府

コラム画像

世界文化遺産 総本山仁和寺

888年に宇多天皇によって開創された仁和寺は、天皇の御入室以降1,000年の間、明治の純仁法親王まで、皇子、皇孫が仁和寺の門跡(住職)を務められました。このことにより仁和寺は、御室御所と呼ばれるようになり、門跡寺院の筆頭格として現代まで法灯を守り続けてきました。

皇族が歴代門跡に就任することによって、歴史上の人物、朝廷、文化人と緊密な関係を築き上げており、特に平安時代の頃には、貴族、また当代の有名歌人が集い、たびたび和歌会が開催されるなど、仁和寺文化と言われるまでの一大サロンが形成されていました。『徒然草』や『平家物語』などにも仁和寺はたびたび登場します。

皇室と繋がりの深い仁和寺に伝わる特別な空間を貸切り、その悠久の歴史と深遠な文化に触れる特別な一夜をお過ごしください。

コラム画像

世界遺産での唯一無二な文化・宗教体験

日頃が一般公開されていない金堂、経蔵、五重塔などを特別にご案内する仁和寺プライベートツアーを僧侶が行ってくださいます。真言密教について、仁和寺に伝わる歴史秘話などを、拝観しながらお聞きいただけます。

世界遺産 仁和寺を一晩貸切り、ご自由にお過ごしいただけます。
御門跡が日中にお過ごしになっていた御殿にて、お食事や和楽鑑賞などをお楽しみいただけます。当時の御門跡のように、電気のない月明かりの下で、時空を超えた風情ある時間をお過ごしになってはいかがでしょうか。

また、宗教体験も行うことができます。京都御所より移築された国宝「金堂」では、朝の勤行への特別参加も可能です。

コラム画像

文化財保全修復、文化体験事業「いろはほん」プロジェクト

総本山仁和寺は、日本財団が主催する「いろはにほん」プロジェクトに参画し、多くの皆さまに皇室との繋がりの深い仁和寺に伝わる独自のコンテンツを体験していただくとともに、悠久の歴史と深遠な文化、宗教観に触れていただくことを意義としています。

原則非公開である歴史的建造物に滞在しながら、ほかでは経験できない限定的なプログラムを提供し、これまで活用されていなかった文化財の有効活用はもちろんのこと、日本文化の価値を発見・認識し、日本に対する理解と文化財に対する関心を、国内外ともに高めることを目的としています。また、利用料の一部は文化財修復・修繕に充てられ、文化財の保護・継承にも貢献されます。文化財を活用して文化財を守るという「文化のサイクル」、そして「文化財の自立」を目指しています。

コラム画像

寺侍宅「松林庵」でのご宿泊

仁和寺境内に佇む旧家屋「松林庵」は、仁和寺に仕えていた寺侍から寄贈された旧宅をリフォームしたものです。簡素な趣ながら、2階には個性的な客室や水屋、広間を持つ数寄屋造りの建築です。

「温故知新」をコンセプトとし、希少な構造梁など、残せるものは残し、日本の古き良き風情が残る宿泊施設として再生されています。室内には仁和寺に伝わる天皇家にまつわる宝物が展示されており、家具や小物には、後世に残したい日本の伝統工芸品が用いられています。

仁和寺での特別な体験とともに、上質な時間をお過ごしいただける空間です。


国内TOPへ

各種お問合せはこちら

閉じる

  • 東京本社:(海外旅行窓口) 03-3276-0111
  • / (国内旅行窓口) 03-3274-5272
  • 大阪支店 06-6344-1111
  • 名古屋三越トラベルサロン 052-252-1220